DINING / 社員・職種紹介 大 工

KENTIKU OTAKU. 06

HIRAO
TOMOKI

平尾 智樹

2019年入社
中央工学校OSAKA
インテリアデザイン学科

建築オタクエピソード

EPISODE

浮気性に見えて、
やっぱり建築オタク

設計士の息子の友達がいて、小さいときに家に遊びにいったことがありました。ちょっと変わったお家で、すごいなあ!と感動したのがきっかけで、中学・高校と建築の仕事をしたいと思うようになりました。家づくりにぞっこんで、建築を学べる専門学校に入社。あるとき家具の授業があり、調べているうちに家具に浮気。家具屋さんに就職し、家具職人になりました。しかし、欲張りなので、やはり建築がやりたい・家づくりに直接関わりたいと思い、ひかり工務店で大工を志しています。

ひかり工務店への入社理由

「職人の生活を守る
工務店であること」

前職は2年半、家具職人をしていました。もともと建築の仕事をしたいと思っていたので、家具の仕事が一通りできるようになってから就活をしました。ひかり工務店は職人さんを大事にしているという話を聞いて、共感。家づくりは未経験だけど大工をやってみたいと思いました。大工は年々減っています。誰かがやるなら俺がやろう。ということで決意をしました。いずれは家づくりの全てに関わりたいと思っています。

JOB INTRODUCTION

大工の仕事紹介

お客様の夢を
具現化する

営業・設計・IC・現場監督が積み上げてきたお客様との夢を、具現化していくのが大工の仕事。事前にイメージのすり合わせをした後、棟梁の下につき、職人の技術を基礎から教わります。現場に訪れる工務や他の職人との打ち合わせをしながら、土台→床→柱→梁→2~3階→屋根→壁→内装・造作の順番で家を完成まで導きます。

SCHEDULE
/ 平尾智樹の1日

  • 07:30

    現場に直行
    予定の確認、材料の配置の確認
    床をはる

  • 10:00

    休憩(コーヒー)

  • 12:00

    お昼休憩

  • 13:00

    仕事開始

  • 15:00

    休憩

  • 17:30

    仕事終了・かたづけ・掃除

  • 18:00

    直帰

オタクメモMEMO

未来の建築オタクへ
大工は希少価値ある存在に

大工さんは減っており、将来は必ず希少価値がある職種になります。昔ながらの厳しい・きついと思われる大工のイメージを変えるような仲間をつくりたいと思っています。ものづくりが好きな方一緒に頑張りましょう!

大工はこんな人が向いている!

  • ものづくりが好き
  • 造作家具に強い
  • 常に違うものを作りたい
  • 大工の立場から意見を出したい

SKILLSスキル・資格

  • 未経験の場合は建築の勉強をしたことがある方